サンライズHP



商品名 彩雲
価格 ¥3500
商品説明

直線的な細長い胴体と大径プロペラ、長い主脚が特徴のスマートな機体で、艦載機という条件の中で、高速性能を持たせた設計に特徴がある。高速性能を得るため、空気抵抗を減らすことに重点が置かれており、胴体はエンジンカウリングの直径そのままの直線的な構成で、前面投影面積を減らしている。高速性能を重視し面積を低くおさえた主翼には、当時はまだ研究が進んでいなかったが空力的に優れた層流翼を採用している。さらに機体表面に厚い外版を用いることで撓みを低減し、空気抵抗を減らしている。同じ3座タイプである天山艦上攻撃機と比較し、彩雲の長い主脚は破損しやすく(整備不良の陸上基地での運用がその要因ではあるが)、着陸時の3点姿勢が高くなり前方視界が遮られる点、大径プロペラの反トルクが大きいこと、機の失速限界速度が高いことなどから、着陸は難しかったと言われている。

艦載機として短距離で離陸する必要があり、そのパワーを得るために大直径のプロペラを採用、主脚はそれに合わせた長い物となった。翼面積の少ない主翼には、低速時と燃料タンクによる翼面荷重の増加対策に、前縁スラットや親子式のファウラーフラップを採用し、最大揚力の向上を試みている。また、機体寸法を空母の昇降機のサイズいっぱいに合わせており、全長をギリギリの11mにおさえるため、垂直尾翼の後縁が3点姿勢で垂直となっている。また主翼を畳む必要がなかったため、構造を簡略化でき、主翼の80%にインテグラルタンクを配置して、増槽無しでも3,000kmを飛行できる長い航続距離を得ることが出来た。これは鹿児島県鹿屋基地からタイバンコクまで無給油で飛行できるよう軍部が要求した結果である。

最速日本機

誉エンジンを搭載した他の日本機の例に漏れず、彩雲も戦後、アメリカ軍によって高オクタン価ガソリンと、アメリカ軍仕様のエンジンオイルを使用し性能テストが行われ、日本側の数値を遥かに超える性能を発揮した。アメリカ軍が計測した彩雲の最高速度は694.5km/時で、たとえ全備重量状態ではなかったにせよ、この数値は第二次世界大戦中、日本軍が実用化した航空機の中でも最速記録である。

  • 開発記号: C6N1
  • 全長: 11.15m
  • 全幅: 12.50m
  • 主翼面積: 25.50m2
  • 発動機: 誉21型空冷複星18エンジン
  • 出力: 1,990HP
  • 重量: 2.908kg
  • 最大速度: 609.5km/h
  • 航続距離: 5,308km(増槽装備時)
  • 実用上昇限度: 10,740m
  • 上昇率: 6,000m / 8分09秒
  • 武装: 7.92mm機銃×1
  • 乗員: 3名
wikipediaより引用