サンライズHP






商品名 零式艦上戦闘機 21型 A6M2b
価格 ¥3500(1/72)   ¥2800(1/100)
商品説明 最初の配備先が陸上基地になってしまった零式1号艦戦だったが、もちろん本来の働き場所である空母上での運用テストも並行して行われた。
その結果、空母エレベーターに載せると、全幅12mが空母エレベーターギリギリで余裕がないことがわかった。
これではヘタすると周囲に接触して、翼端を損傷するおそれがある。
そこで11型の65号機から、主翼両端を50cmずつ折り畳めるようにした。
特別なモーター等は使わずに搭乗員が簡単に操作できるものだったらしいです。

昭和15年11月から量産が始まった本型は、零式1号艦上戦闘機2型(零式艦上戦闘機21型)と命名され、旧型は零式1号艦上戦闘機1型と改名された。
もちろん、艦上戦闘機に必要なクルシー無線帰投方位装置や着艦フックも装備。
細かい変更点では排気管が第5カウルフラップ位置に開口となり、20mm機銃発射口がむきだしの四角形から、カバー付きに変わったことがあげられる。
この時期はちょうど、日華事変が泥沼化し、アメリカとの関係もいっそう悪化しており、日米開戦が現実味を帯び始めた頃でもあった。
海軍はすぐに空母部隊への零戦21型の配備を急がせたが、三菱工場での量産体勢は月産20機程度であった。
そこで海軍は、三菱のライバル会社であった中島飛行機にも21型のライセンス生産を命じ、三菱に対して製作図面の引き渡しと技術指導を命じた
。中島での21型1号機完成は昭和16年11月。大東亜戦争勃発まで1ヶ月あまりという、きわどいタイミングだった。
それでも中島製21型も、昭和17年6月までは月産20機程度で、どうにか100機を超えるようになったのは18年2月のことだった。
海軍の思い描いた大量生産は理想通りにはいかず、大東亜戦争開戦時に空母、陸上基地に配備されていた21型はすべて三菱製。その数400機(資料によっては590機ともある)であった。
もちろんその数も十分とは言えず、真珠湾攻撃時の正規空母6隻すべてにはなんとか行き渡ったものの小型空母、陸上基地の一部では、旧式の96式艦戦装備のままだった。
海軍はこの400機足らずの零戦で開戦に踏み切ったわけだが海軍は本機の配備状況を見て開戦を決定したとも言われており、零戦への期待がいかに大きかったが分かろう。
ちなみに陸軍の1式戦闘機「隼」は開戦時、40機足らずしか配備されておらず、実戦部隊のほとんどが旧式の97式戦闘機だったことは有名である。
これに比べれば海軍は十分準備していたと言える。
本型も量産が進むにつれ細かい改良が加えられ、三菱では早い段階から右主翼付け根前縁の操縦室内空気取り入れ口が楕円形から四角形に変わった。
127号機からは高速飛行時の補助翼操作をスムーズにするため、それまでのマスバランスに代わり内側後縁に槓桿操作の修正舵をつけることにした。
この改修は三菱ではなく海軍工廠で行われたが、4月17日に横須賀空にて修正舵付きの機体でテストを行っていたところ、機体が空中分解して墜落。
下川万兵衛が殉職している。これは急降下時におけるフラッター現象が原因だったが、修正舵も好ましくないと判断され、廃止された。
三菱工場では327号機(16年11月完成)以降から、前述のマスバランスを廃止し、補助翼前縁内部のそれを増量することに変更した。
中島製21型は、なぜか少し長めのスピナーがついていたが、エンジン及びプロペラ・ハブ周りに変更がない限りスピナーを変える必要はないはずである。
胴体日の丸に白フチを追加したのと同じく、単に三菱製との差別化をはかっただけだったのだろうか?
不確定だが三菱製に比べて中島製の機体は作りが荒く、また作業工数を減らすため無駄な馬鹿穴を減らしていたとのことである。
三菱における21型の量産は昭和17年6月をもって終わり、すぐに32型の量産に切り替わった。
三菱での21型生産数は740機だった。
一方、中島では32型の量産は行われず、昭和19年2月に52型に切り替わるまで、21型を量産し続けた。
それまでの生産数は、実に2700機。
したがって昭和17年後半以降に、前線部隊が新規装備した零戦21型は、すべて中島製だったのである。

エンジン中島 栄12型 940馬力 空冷二重星型14気筒
プロペラハミルトン定速3翅 直径2.9m
全幅 12.00m
全長 9.06m
全高 3.509m
翼面積 22.438u
重さ 自重 1,680Kg 全備重量2,336Kg
最大速度 533.4km/h(高度4,700m)
実用上昇限度 10,300m
航続距離 2,222km(正規) 3,350km(増加タンク付)
燃料 525L+330L
武装 7.7mm機銃 2丁
20mm機銃 2丁
爆弾30Kg又は60Kg 2発