サンライズHP



商品名 零式艦上戦闘機 22型 A6M3
価格 \3500
商品説明 32型の航続力があまりにも低下したため海軍は、即座に航続力延伸型の開発を三菱に命じた。
これは32型の翼幅を再び12mに戻し、翼端折りたたみ装置を復活、外翼内に新たに45リットル入り燃料タンクを追加した、航続性能向上型であった。
正式な型式名はA6M3のままだが機体名称は零式艦上戦闘機22型(A6M3)とされた。
本来なら32型からの改良版なので零戦42型と
なるはずなのだが、42型は「死に」につながり縁起が悪いとして、21型のエンジンだけ換装したものと解釈され、22型という名称になったわけである。
記号のA6M3も、本来ならA6M4になるはずだったが、これも「死」につながるとしてA6M3のままになったのだ。
航続力だけを見るなら、21型をそのまま使えばよいのだが、やはり190hpとはいえ出力の大きいエンジンを積んだ方がいいわけで、本型の開発は進められた。
22型では、21型でフラッターの原因になるとして廃止された補助翼修正舵(バランスタブ)が復活し32型で短縮された補助翼幅も21型と同じに戻された。
どのようなフラッター改修策を講じたのか不明であるが、これにより補助翼の効きをよくして32型で得られたロール率の向上を保持したいための措置であった。
これと同様の理由として、方向舵の固定修正タブも、切り欠き式の修正舵に改修され、垂直安定版の付け根近くの左側に、操作部を点検するためのハッチが追加されている。
22型は狙い通り航続力2600km程度には回復した。速度性能は主翼が長くなり、32型よりも自重で56kg、全備重量で135kg重くなったため、32型から4kmほど低下して540km/hとなったが、水平面での運動性能あ向上し、総合性能では21型32型よりもアップしている。
逆に言えば、速度低下は4km/hに過ぎず、32型の角形翼端が空力上さほど速度向上に適切ではなかったことが証明されたわけである。
開発当初、零式3号艦上戦闘機と呼ばれたこの試作機は、昭和17年10月に完成。ただちに量産発注が開始され、12月には部隊配備が始まった。
そして翌年昭和18年1月29日づけで、零式艦上戦闘機22型(A6M3)の正式名称で兵器採用された。
量産はこれまた三菱でのみ行われ、17年12月から18年8月まで560機が生産された。
量産の途中からは、主翼の20mm機銃が長銃身の99式2号固定銃3型に換装され、零式艦上戦闘機22型甲(A6M3a)と称された。


エンジン 中島栄21型 1,130馬力 空冷二重星型14気筒
プロペラハミルトン定速3翅 直径3.05m
全幅 11.00m       
全長 9.06m
全高 3.509m
翼面積 21.54u
重さ 自重 1,807Kg 全備重量2,544Kg
最大速度544.5km/h(高度6,000m)
実用上昇限度 11,050m
航続距離 1,800km(正規)
燃料 480L+330L
武装 7.7mm機銃 2丁
20mm機銃 2丁
爆弾30Kg又は60Kg 2発