サンライズHP



商品名 零式艦上戦闘機 52型丙 A6M5c
価格 ¥3500
商品説明 太平洋戦争後半の主力、零戦の最終生産型

五二丙型は甲・乙を踏襲してさらに武装と防弾装備を強化した型である。
武装面では三式13.2mm機銃を両主翼に1挺ずつ追加して計3挺に増やしており、防弾装備面では座席後部に操縦員頭部保護用の55mm防弾ガラスを追加している。
操縦席後方にゴム内袋式セルフ・シーリング燃料タンク(140リットル)を新設。
胴体前方燃料タンクを廃止。
3番3号爆弾(対編隊攻撃用)を左右各2個装備。
一部の機体の左右翼下にロケット弾各2個を懸吊するガイドレール各1組を新設。
52丙型に至っては、全備重量が3000kgを超えてしまい、速度は541km/hまで低下。
見た目の勇ましさとは裏腹に運動性能は零戦各型最低の性能に落ちてしまった。
前線部隊ではわざわざ重い防弾装備や13mm機銃をはずして出撃するほどであった。
当然、対戦闘機には向かず、B-29迎撃や特攻機、もしくはオトリとして使われた。
前線ではもはや零戦では戦えないことが明らかであり、零戦は完全に制空戦闘機としての姿を失い、単なる旧式戦闘機となってしまった。
だが海軍は零戦を作り続けるしかなかった。
最前線では次々と陸海軍機が消耗していくため、これを補充しなければ戦争を継続できなかったからだ。

  • 全長: 9.12m
  • 全幅: 11.00m
  • 全高: 3.57m
  • エンジン: 中島 栄21型 空冷2重星型14気筒
  • 出力: 1130馬力
  • 最大速度: 563km/h
  • 乗員: 1名