サンライズHP



商品名 中島 2式水戦 A6M2-N 1/72
価格 ¥3500
商品説明
日中戦争九五式水上偵察機等の水上観測機が搭載機銃で敵機を撃墜するなどの意外な活躍をしたことから、1939年昭和14年)に日本海軍は本格的な水上戦闘機の開発を決定し、15試水上戦闘機(後の「強風」)が試作されることになった。
しかし開発が難航したため、太平洋戦争大東亜戦争)開戦による南方侵攻作戦に新型水上戦闘機は間に合わないことが明白になってきた。そこで、短期間で高性能の水上戦闘機を製作するために、当時高性能が話題となっていた零式艦上戦闘機11型をベースに水上戦闘機化することを計画し、1941年(昭和16年)に中島に対して試作を命じた。零戦を開発した三菱重工業に対して改造を命じなかったのは、三菱が零戦や一式陸上攻撃機などの生産に手一杯だったことと、中島の方が小型水上機の生産に関して経験豊富だったためであった。
中島では緊急試作を開始し、約11ヶ月後の同年12月8日(奇しくも太平洋戦争勃発の日と同じになった)には試作1号機を初飛行させた。テストの結果は良好で、1942年(昭和17年)7月6日に二式水上戦闘機として制式採用された。

  • 乗員: パイロット 1 名
  • 開発記号:A6M2-N
  • 全長:10.24m
  • 全幅:12.50 m
  • 全高:4.305 m
  • 主翼面積: 22.438m²
  • プロペラ: 住友・ハミルトン 3翅定速プロペラ
  • 自重: 1,922 kg
  • 全備重量: 2,460 kg
  • 最大離陸重量: kg
  • 動力:12型空冷複列星型14気筒エンジン×1 基
  • 出力: 940HP
  • 最大速度: 437 km/h(4,300m)
  • 巡航速度: 400 km/h
  • 着水速度: 111 km/h
  • 航続距離:1,150 km
  • 実用上昇限度:10,500 m
  • 上昇率: 6分49秒 / 5,000m
  • 固定武装:九七式七粍七固定機銃×2丁(機首)、九九式一号二〇ミリ機銃×2丁(主翼)
  • 爆装:60kg爆弾×2個
wikipediaより引用