サンライズHP



商品名 P51D MUSTANG U.S.ARMY 1/72
価格 ¥3500
商品説明
P-51Dはマスタングの決定版である。火力が強化され、新たに2丁の12.7mm機関銃を加えて、計6丁の機関銃を装備している。内側の4丁はそれぞれ400発、外側の2丁はそれぞれ270発の弾薬を有していた。翼下にレールを追加し、最大8発のロケット弾を携行できるようにした機体もあった。
火力不足以外にも後方視界の悪さが大きな問題となりイギリスのパイロットたちが不満を漏らしていたが、マルコム社がスーパーマリンスピットファイアのキャノピーに似たセミバブル型のP-51専用キャノピーを作ると、多くのパイロットが自分たちのマスタング(B/C型)に取りつけ大好評を博し、すぐにアメリカ軍にも広まった。
D型ではコクピット後部胴体を低くし、新たにホーカータイフーン戦闘機で採用されていた、水滴型のキャノピーを取りつけた。この「バブルキャノピー」はすばらしい全周視界を提供したが、その一方でコクピット後部の胴体断面積が減少したことで、横方向(ヨー)の安定性が低下した。これを改善するため、後に垂直尾翼の前側に、ドーサルフィンが追加された。
また、背面の設計変更は乱流の増加による速度低下をもたらし、その対策としてリベットをパテで埋め、機体表面を磨きあげる仕上げを採用した。
ちなみに以前のP-51は、どことなく形状がメッサーシュミットBf109戦闘機に似ていたため、味方対空砲火に誤射される事件があったが、バブルキャノピーへの換装後は、迷彩をやめ、クリアドープ塗装となったことも併せ、そのような事故も無くなった。
結果として、P-51Dとイギリス空軍向けのP-51K(プロペラ以外ほとんど同じもの)は、マスタングの中で最も生産機数の多いタイプとなった。これらの新型は1944年3月からヨーロッパに届きはじめ、同年6月6日からのノルマンディー上陸作戦にちょうど間に合った。

  • 乗員:パイロット1名
  • 全長:9.8 m
  • 全幅:11.3 m
  • 全高:4.17 m
  • 翼面積:21.7 m²
  • 空虚重量:3,460 kg
  • 運用時重量:4,580 kg
  • 最大離陸重量:5,490 kg
  • 動力:パッカードV-1650-7 ×1
  • 出力:1,695HP(1,240kW)
  • 最大速度:703 km/h
  • 巡航速度:443 km/h
  • 航続距離:2,655 km (増槽有り)
  • 実用上昇限度:12,770 m
  • 上昇率: m/min
  • 翼面荷重:211 kg/u@運用重量
  • 武装 固定武装:12.7mm重機関銃×6 (1,880発)
  • 搭載:爆弾1,000lbs(454kg)×2 又はロケット弾5in×10
wikipediaより引用